マテリアリティ

  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. マテリアリティ

マテリアリティの選定

  • GORとその資産運用会社であるGARは、ESGの取組みを推進するにあたり、下記に列挙した項目の中から重点的に取り組むべき課題をマテリアリティ(重点課題)として選定し、優先的に対処することを目的としています。
  • これらのマテリアリティの選定にあたっては、GORの運営方針や資産特性を考慮した「自社事業へのインパクト」と、不動産セクターのESG評価やGRIスタンダード、関連するSDGs等で認識される課題などを参考とした「ステークホルダーにとっての重要性」の二軸での検討を実施し、そのうえで、GARのESG推進協議会が外部専門家(CSRデザイン環境投資顧問株式会社)の意見を踏まえて抽出しました。

抽出されたESGの課題

ESG関連の抽出された課題 重点取組課題

Environment
(環境)

環境関連認証のポートフォリオカバー率の向上
気候変動への適応
(エネルギー消費量・温室効果ガスの管理・削減及び再生可能エネルギーの活用)
水消費量の管理・削減
廃棄物管理及びリサイクル率の向上
テナントとの環境配備における協働
生物多様性への配慮

Social
(社会)

テナント(入居者)の満足度向上
従業員パフォーマンスの向上とキャリア開発
(従業員満足度調査、各種研修制度・福利厚生の充実)
各種休暇制度の整備・拡充
(産休、育休、時差出勤等)
従業員の健康と快適性への配慮
地域コミュニティへの貢献
(テナントの健康と快適性への配慮)
災害等からの復旧力(レジリエンス)

Governance
(ガバナンス)

利益相反防止への取組み
腐敗防止
コンプライアンス・リスク管理の徹底
投資家等への積極的情報開示の推進
内部通報制度
情報セキュリティの強化

materiality_table

選定したマテリアリティとSDGsの関連性

重点課題 行動計画・目標 関連するSDGs目標
E
環境関連認証の取得 ・DBJグリーンビルディング認証、CASBEE不動産、BELS等の外部認証カバー率の向上
sdgs_logo sdgs_logo sdgs_logo sdgs_logo
テナントとの協働 ・グリーンリース契約の締結
・テナント向け環境配慮の意識醸成
気候変動への適応
(エネルギー消費量等の管理・削減)
・エネルギー消費量・温室効果ガス(GHG)の削減(平均△1%/年)
・水消費量の削減及び廃棄物のリサイクル率の向上
S
従業員パフォーマンスの向上とキャリア開発 ・福利厚生の充実
・従業員満足度調査の実施
・各種研修制度の新設及び資格取得支援の拡充
sdgs_logo sdgs_logo sdgs_logo sdgs_logo
ステークホルダーエンゲージメント ・テナント満足度調査の実施による顧客満足度向上
・地域コミュニティへの貢献
G
コンプライアンス・リスク管理の徹底 ・法令等の遵守状況の確認
・利益相反の排除等の枠組みを通じた適切なリスク管理
sdgs_logo
積極的情報開示の推進 ・ステークホルダーに対し、開示資料等を通じてESGに関する情報の拡充を図り、更なる積極的情報開示を推進

to Page Top