環境への取組み

  1. ホーム
  2. ESGへの取組み
  3. 環境への取組み

エネルギー消費量・温室効果ガス・水消費・廃棄物量の削減
(気候変動等への取組み)

気候変動に関する取組みは2015年に国連の持続可能な開発目標(SDGs)の採択、また1997年の京都議定書以来18年振りの国際的な枠組みとなる「パリ協定」が2015年のCOP21において採択されたことを契機に、地球温暖化防止の取組みが世界レベルで加速している状況です。

GORおよびGARが行う事業活動や運用物件にとっても、こうした問題は重要な課題であると考え、「エネルギー消費量・温室効果ガス排出量・水消費量・廃棄物量の削減」を今後の重要課題(マテリアリティ)の一つとして捉え、これらの継続的削減を通じて環境負荷を低減することで、環境面での持続可能性に貢献します。

エネルギー関連消費量削減のための推進体制とPDCAサイクル
【環境管理システム(EMS)】

環境面での持続可能性の実現に向けて、様々な課題の改善に取り組むために、独自の環境管理システム(EMS)を構築し、定期的にESG推進協議会にて運用・管理しています。

【PDCAサイクルに基づくEMSイメージ図】

PDCAサイクルに基づくEMSイメージ図

エネルギー関連消費量の中長期的削減目標

これまで省エネ・環境負荷低減の取組み(省エネルギーに資する設備の導入、運用改善等)を実施することにより、エネルギー・温室効果ガスの使用量・排出量を削減してまいりましたが、引き続き以下目標のもと省エネ・環境負荷低減に取り組んでまいります。

【中長期目標】

ポートフォリオ全体のエネルギー消費原単位およびCO2排出原単位について、直近5年間(2018年度をベース)において年平均1%削減、5年間で5%削減することを目標として、引き続き省エネ・環境負荷低減に取り組んでまいります。

環境パフォーマンス実績

2018年度の環境パフォーマンス実績(電力使用量、燃料使用量、地域冷暖房使用量、水使用量、CO2排出量)は以下のとおりです。

  電力使用量
(MWh)
燃料使用量
(MWh)
地域冷暖房
使用量
(MWh)
水使用量
(千m³)
▶︎ CO2排出量
(千t CO2
2018年度 27,507 1,522 9,105 163 15

LED照明の導入

電力費とCO2の削減を目的として、LED照明の導入を継続的に実施しています。

電力費とCO2の削減を目的として、LED照明の導入を継続的に実施

<導入事例>[さいたま]

基準階共用廊下

基準階共用廊下

1階共用部

1階共用部

トイレ

トイレ

その他実績

  • エレベーターホール[品川、御堂筋]
  • エントランス[大手町、さいたま]
  • 地下駐車場[さいたま]

屋上施設の緑化 [豊洲プライムスクエア、横浜プラザビル ほか]

保有物件の屋上施設の緑化に向けて取り組んでいます。

豊洲プライムスクエア(屋上部分)

豊洲プライムスクエア
(屋上部分)

横浜プラザビル(屋上部分)

横浜プラザビル
(屋上部分)

再生可能エネルギー活用の事例 [アークヒルズ 仙石山森タワー、平河町森タワー]

屋上に太陽光発電パネルを設置し、再生可能エネルギーの活用に取り組んでいます。

アークヒルズ 仙石山森タワー

アークヒルズ 仙石山森タワー

平河町森タワー

平河町森タワー

エネルギーWEBシステムの導入
[アークヒルズ 仙石山森タワー、明治安田生命さいたま新都心ビル ほか]

テナントが積極的に省エネに取組めるよう、専用部のエネルギー使用量を可視化しています。

エネルギーWEBシステムの導入【アークヒルズ 仙石山森タワー、平河町森タワー、明治安田生命さいたま新都心ビル】

生物多様性に配慮した緑地の実現 [アークヒルズ 仙石山森タワー]

参考:JHEP認証最高ランクAAA取得

生物多様性に配慮した緑地の実現【アークヒルズ 仙石山森タワー】

to Page Top